Author:湯葉物語

記事

コメント

区分

リンク

検索

年表

Mother Carey's Chicken
メイプル@ぷらむサーバー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーンアウト




オットセイの皮10 指貫5 剣山5

jrイエ皮20 竜のうろこ3

加工木20 鋼鉄5

白パウダー10 白パン尻尾100

青パウダー1 クロコファミリー25 藁かかし25

ロイド70 メカティアン7 ネジ7

ルイネル10 Dモコ30 魔法のパウダー茶1

赤パウダー1 柔らかい羽毛20 ハピ30

白パウダー6 Bハピ12 &羽1枚 硬い羽毛36

白パウダー3 武パンダ30 番犬30

骨魚30 鋼鉄10 加工木10

バイキン30 火ボム5 柔らかい羽毛20



参考:13番目 +羽毛30 ダイヤ10 @持ってる













下書きが貯まっていたので一度リセット。




クエストしかしていないので書くことが・・じゃない、

なんかしてるはずなのにメイプルの話がカツカツなのはなぜなんでしょう。






強化品捌いてちょっとPが入ったので、

消費とETCを大幅に増強しました。 振り替え30回くらい貯めてるんだけどもw


かなりストレス軽減されてます。 特にETC










ゆくゆくは最大までやるつもりなので(藍晶の矢デフォにしたいのと、原石原料全種拾えるように)

貯金しなきゃ。 最近こればっかり言ってる気がする








貯金と言えば今日のこのこ行ったニーベルングでナノプラントΩと∑が出たんでした。

今やほぼ市場への興味を失くしつつありますが、相当の高値で売れる様子。





イマイチ踏み出せなかったMH用の資金の目処がつきそうです。















やっぱりボス行くのって、配当も楽しみなんでしょーか。 ここらへんは回路の違いなんだろうけど



毎回来てからびっくりしてます。ああ、あの時のね って







故にあぶく銭。 「配当はパーっと使うべし」という自分ルールがいつからか構築されているのです








露店の売り上げなんかにしてもね・・・







やる気がない時期(今みたいな他に夢中な時期)は、

売れるもの安めに出して、1日半くらい経って回収。




当然履歴は見れないし、何出したかもよくわかっていないので

「身に覚えのない金」 がいくらかあるわけですよ。







そりゃパーっと使いますよね。 何に使ったのかよく覚えてないのですが・・











頭は一個しかないんだから、そんな2つも3つも出来るわけないじゃないか。



メイプル最小化しながらiTune起動して、ルナスケープ(ブラウザ@重め)

を立ち上げてブログを書きながらそんなことを考えたり。コンピュータすげぇ






冒険家81



色気のない記事に光を。


手抜きに最適なこのSSも残りわずかです。




初日が終わって「3%」だった時には軽く絶望しましたが(実際2日くらいやって一度諦めてます)

なんとかなるものね。 ちょっとPCつけっぱし過ぎたけど








月~水曜が個別入試でお休みなので、夜は少し気合い入れて出来る予感。






それにしてもメイプルのクエストって・・・!



マガティアのクエストもなかなか鬱展開だとは思いますが、

個人的にそれより非道いと思っているのが マヤ→ライオネルの首輪→化け物の噂

の流れ。






何がヒドいってあの淡々っぷり。 アフターケアの一つくらいお願いします!本当!!


え?これで終わり?? と幾年ぶりに思いました














韓国ではPGに命中率公式が適用されたみたいです。



これだけレベリングに時間のかかるゲームなんだし、

抜け道もとい楽な育成法くらいはあっていいと思うんだけど、

1stの人までそっちに魅力を感じちゃうような現状はさすがにちょっとね。









1stって楽しいですよね。無条件で


そういった意味でも今回の勲章システムは本当よかったなぁと実感。

初めてを楽しんでる人の邪魔はしちゃいかんよやっぱ・・・








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mccyuber.blog102.fc2.com/tb.php/598-5cc011d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。