Author:湯葉物語

記事

コメント

区分

リンク

検索

年表

Mother Carey's Chicken
メイプル@ぷらむサーバー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の神様 (ちくま文庫)
図書館の神様 (ちくま文庫)図書館の神様 (ちくま文庫)
(2009/07/08)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


お話には読み時があるといいますが、
こりゃまたずいぶん・・・というので
日記として書きつけておきます。
2013年6月です。今年は梅雨の入りが早い。

来月は採用試験です。
いわゆる大量退職のあおりを受けて、
ここ何年かは「ゆるゆる」です。

今年受けるわけではないんですが、
絶えず動向は耳に入ってきます。がんばってね。

話の中に川端康成が引かれていまして、父を思い出しました(ご存命です)。
歴史ものばかりが並ぶ本棚に唯一まぎれこんでおりまして、
「なんで?」と訊いたら「同郷の文学少女に薦められたから(要約)」とのことでした。

そうですか。

「川のある下町の話」というのがお気に入りだそうで、
いつか読んでみようと思ったのがかれこれ10年も前です。

「いつか」は、実はそうそうやってきません。
でも今回思い出せたので、他のいつかよりも
ずいぶん確率が上がったように思います。



メイプルストーリー、いばらサーバーでの話。
まだログインしていないので、これ以後「未来日記」となります。
一部に願望や憶測が交じっています。

果樹でクエストを終わらせて、いばらサーバーへとキャラ移設。
あ、名前とアバターは引き継がれるんですね。よかったよかった。
職業は弓使い。ヘネシスに向かえばいいんだね?
転職したかっただけなのに、なんとヘレナ様が弓持って追いかけてきました。
さすがハードモード・・。こちとら初心者ですよ。
町並みはビッグバン以後です。脳内BGMは「未来のヘネシス」です。
一見すると平和なのに、荒廃した空気がただよっています。

さすがハードモード・・。

全サーバーから人を集めたせいでしょう。
人口密度は高く、街はもともと居た人と帰還してくる人とで溢れています。

続々と帰還してくる人の群れ。浮いてます。
このうちの何人が帰還書ユーザーで、何人が殺されたんでしょうね。
序盤で帰還書に使えるお金なんてないだろうから、
きっとみんなくたばって帰ってきたろうな。さすがハードモード。

「ヘネタク前」文化が復活しています。騒がしいこと。
耳を傾け・・もといラグで立ち往生していると、
聴こえてきた会話はどれもお国(サーバ)自慢でした。

さて、(ダウンロードが)終わったみたいです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。